ジョージ4世からの
王室御用達許可書
 
ナイチンゲール直筆のお礼状
  創立者のジュアン・ファメニアス・フローリスが故郷のメノルカ島からロンドンに渡り、ジャーミンストリート89番地で英国紳士のための理髪店を開店したのは1730年のことでした。
しかし生まれ育った故郷、地中海のかぐわしいアロマが忘れられず、記憶をもとにお店の地下で香水の調合を始めます。
伝統的な製法と上質な香料を使った香水や石鹸が大評判となり、フレグランスブランドとしての地位を確立、優れた技術は子孫へと引き継がれます。
1820年には輝かしい実績がジョージ4世によって評価され、2代目のジョン・フローリスは「王室御用達の理髪師および香水商」の称号を授与されました。
フローリスの気品ある香りは歴代の国王や女王から愛用され、今日ではエリザベス2世女王陛下およびチャールズ皇太子殿下から「王室御用達許可書」を与えられています。
280余年に渡る歴史は、1940ページに及ぶ顧客リストからもかいま見ることができます。
またフローレンス・ナイチンゲールのために調合した「Sweet Smelling Nosegay」に対する直筆のお礼状も残されており、ジャーミンストリート本店やディスプレイ什器などが、英国の歴史的重要文化財に指定されています。
フローリスこれまでの伝統で培った技術と信頼をもって、常に新しいチャレンジを続けています。